難聴 薬

難聴を治療する最適な薬と副作用を徹底調査!

 

難聴を治療することができると言われている薬にはいくつか種類がありますが、最適な薬はどれでしょうか?

 

また、その副作用についても調査しました!

 

 

 

低音難聴に効く薬は?

 

低音難聴は、ストレスや過労などが引き起こす血流の低下が原因と考えられるタイプの難聴でよく起こります。

 

この血流低下型の難聴は、内耳のリンパ液の流れも低下させ内耳の圧力が上昇する傾向があります!

 

まずは、利尿剤で内耳のむくみを取ります。

 

利尿剤で効果が見られない時には、ステロイドホルモン剤、ビタミンB12製剤、内耳の循環も改善するATP(アデノシン三リン酸)製剤を使用します。

 

 

難聴と同時に耳鳴りがする時の治療薬は?

 

難聴は、同時に耳鳴りが起こることが多いです。

 

従って、難聴と耳鳴りが同時に起こった場合でも、基本的な難聴ケアの治療薬と違いはありません。

 

 

難聴の原因には、

  • ウイルスの感染
  • 血流の低下

・・・という大きな2つの原因が考えられており、

ウイルスの感染が明確に疑われる場合には
⇒ステロイドホルモン剤

 

血流の低下が明確に疑われる場合には
⇒利尿剤

 

が初期段階で処方されます。

 

ただし、原因がはっきり分からないことも多く、この区別は明確ではありません。

 

以上の処置で効果がなければ、ビタミンB12製剤、内耳の血流を改善するATP(アデノシン三リン酸)製剤が使用されます。

 

また、別に抗めまい薬、他の血流改善薬などが医師の判断で併用される場合もあります。

 

 

 

難聴の薬に副作用は?

 

難聴の治療薬は様々な副作用が起こる可能性があります。

 

代表的な難聴の治療薬の副作用をまとめました!

 

ステロイド
  • 免疫の低下で感染症にかかりやすくなる。
  • 糖の利用低下による高血糖
  • 白内障、筋力の低下、皮膚が薄くなる
  • 脂質異常症、動脈硬化
  • 高血圧、緑内障
ビタミンB12 稀に吐き気や下痢、発疹が起こることがある
ATP(アデノシン三リン酸) 吐き気、胃腸障害、、口内炎、かゆみ、頭痛、眠気、脱力感

 

 

 

市販されている難聴治療薬は?

 

市販されている難聴治療薬は少なく、主に血流改善作用のあるものとビタミンB12製剤が市販されています。

 

おすすめの市販薬を挙げておきます。

 

ナリピタン(小林製薬)
・・・病院でも処方されることのある血流改善成分(ニコチン酸アミド・パパベリン塩酸塩)が配合されています。

 

アリナミンEXプラス
・・・傷ついた神経細胞の修復作用があるビタミンB12、自律神経調整作用があるガンマオリザノールなどを配合。

 

ただし、以上に挙げた成分を配合した薬は病院で入手した方が安価に入手が可能です!

 

病院で診察を受けることができない場合の応急処置での使用にとどめましょう。

 

 

難聴の治療には、お薬と併用できる天然ハーブ・蜂の子を使用したサプリメントとの併用がオススメです!

 

 

>>>難聴サプリおすすめランキング